下記の東京海上日動の保険加入窓口は私の糧です、ご縁がありご利用頂ければ、誠心誠意お役に立てるよう努力いたしますのでよろしくお願いいたします。

Custom Smiley パイロット 海外旅行保険窓口

お時間がございましたら、私のホームページも覗いてください。

湯浅基総合保険事務所

湯浅基総合保険事務所窓口
<< 神の約束の地 | main | 韓国籍女性国を提訴へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
死刑 初の氏名公表
JUGEMテーマ:ニュース


朝日新聞2007年12月08日1面

死刑 初の氏名公表 法務省3人執行

 法務省は7日、3人の死を刑執行した。法相が執行命令書に署名しなくても執行が進む「死刑の自動化」を提案した鳩山法相の下での始めての執行となった。発表にあたり、同省は初めて、対象となった死刑囚の氏名と犯罪事実、執行場所を公表。「情報公開することで死刑制度に対する国民の理解を得られる」との狙いから、実施の事実だけを伝えて氏名などは一切公表しない従来の方針を転換した。

山陽新聞2007年12月08日

遅すぎた決断   死刑執行 氏名初公表

確定判決に認定事実要旨

【藤間静波死刑囚】
藤間死刑囚は1982年、神奈川県藤沢市の女子高生=当時(16)=に交際を断られたことを逆恨みして自宅に押し入り、女子高生と妹=同(13)、母(45)=を次々に刺殺。犯行の手助けをした少年=同(19)=も兵庫県尼崎市で刺殺した。81年には金銭トラブルから神奈川県鎌倉市の男性=同(20)=を兵庫市内で殺害した。・・・・・省略

【池本登死刑囚】
池本死刑囚は85年6月、徳島県日和佐町(当時)に住んでいた親戚の男性=当時(48)=その妻=同(54)−が自分の畑にゴミを捨てたと思い込み、狩猟用の散弾銃を持ち親戚宅に押しかけ、夫婦を射殺。さらに以前から恨みを持っていた男性=同(71)=も近くの路上で射殺した。・・・・・省略

【府川博樹死刑囚】
府川博樹死刑囚は同居中のホステスをクラブから辞めさせる資金を得ようと計画。99年4月19日夕、新聞勧誘で知り合った東京都江戸川区の女性=当時(65)=に借金の申し入れをしたが断られたため、女性と母親=同(92)=を刺殺、現金を見つけられず逃走した。・・・・・省略



法務省の見解全文

 法務省が7日、死刑を執行された者の氏名などを公表した経緯について発表した見解の全文は次の通り。
1、・・・前略
刑の執行を受けた者やその家族に、刑罰が本来予定している以上の不利益や精神的苦痛を与えるのは妥当でないと考えられる・・・中略・・・・・
死刑執行が適正に行われていることについての国民の理解を得る必要がある。
 その両者を勘案して1998年11月からは、死刑を執行した日に、執行の事実および執行した人数のみを公表してきた。

2.氏名、犯罪事実、執行場所の公表について・・・・中略・・・・国民の理解を得るために、情報公開を進めることが重要だと考えたことなどから、・・・・中略・・・
今回、法務大臣が、氏名、犯罪事実および執行場所を公表するとの判断をした。



更なる情報公開を

解説
7日、刑を執行された死刑囚の氏名が始めて公表され、「秘密主義」との批判が強い死刑制度の情報公開が一歩進んだ。だが、決断が遅すぎたといわざるを得ない。執行対象を選ぶ基準など開示すべきところもだ多く残されており、さらなる情報公開が求められている。(35面関連)

識者談話

氏名だけでは不十分
菊田浩一郎ー明治大名誉教授(犯罪学)
死刑を執行された者の氏名を法務省が公表するのは当然ことでもっと早くやるべきだった。・・中略・・・氏名の公表だけでは不十分だ。
 特に死刑執行前の精神状態については、客観性を確保するため、外部に医師による診察をした上でその内容を公表していく必要があると考える。


やむを得ない措置
渥美東洋京都産業大法科大学院教授(刑事法)
執行された死刑囚の名前を公表するのは遺族感情などを考慮して慎重であるべきで、公表することにより被害者遺族と死刑囚の間に報復関係を作り出してはならない。
・・・中略・・・
これが最善の策だったかどうかは、今後熟慮していく必要がある。


鳩山法相が ”問題提起”

死刑論議深めるき契機か
「自動的に執行が進む方法を考えてはどうか」
「絞首刑より安らかな方法はないか」。
鳩山邦夫法相は八月の就任以降、記者会見などで死刑制度について”問題提起”を繰り返してきた。
・・・中略・・・死刑廃止団体の関係者を大臣室に招き、異例の意見交換を実現させた。
 法務省幹部は「刑事局は頭が痛いだろうが、死刑の問題は一官僚が判断する問題ではない。国民が議論するきっかけにすべきだ」と話している



存廃議論尽くせ

平山正剛日弁連会長の話
誤った死刑の危険性は依然存在し、死刑についての明確な基準も存在しない。国連総会で死刑廃止条約が採択され、死刑廃止は国際的な潮流だ。政府に対し、執行される者の氏名だけでなく、制度全般に関する情報をさらに広く公表するとともに、死刑制度の存廃について国民的語論を尽くし、制度改善までの一定期間、死刑執行を停止するよう強く求める。


人の命は地球よりも重たい
理想的な、お互いに他人を尊重しあって犯罪が減り住みよい社会が築けたらいいですね
 

| 住みよい社会 | 10:55 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 10:55 | - | - |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック
日本で出版されたのは2002年の4月なので、大分古いものだが、「レバレッジ・リーディング」か何かの本で紹介されていたので衝動買いをしたうちの一冊…
Life is Music♪ 〜CHORD Fusion〜 | 2007/12/08 11:42 AM |
長崎乱射事件の全貌を防犯カメラがとらえていた!入店から発砲、逃走までを鮮明に映していたその動画を入手!防犯カメラなので画像修正なんてありません!倉本さん、藤本さんが撃たれるところもしっかりと映って…
【動画】乱射事件の全容をカメラがとらえていた!長崎散弾銃乱射事件、犯人、被害者写真あり | 2007/12/18 5:00 PM |