下記の東京海上日動の保険加入窓口は私の糧です、ご縁がありご利用頂ければ、誠心誠意お役に立てるよう努力いたしますのでよろしくお願いいたします。

Custom Smiley パイロット 海外旅行保険窓口

お時間がございましたら、私のホームページも覗いてください。

湯浅基総合保険事務所

湯浅基総合保険事務所窓口
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
堀江前社長に実刑
朝日新聞3月17日1面

粉飾指示・了承認定
ライブドアの連結決算を粉飾したなどとして、証券取引法違反の罪に問われたライブドア前社長の堀江貴文被告(34)に対し、東京地裁の小阪敏幸裁判長は16日、懲役2年6ヶ月(求刑懲役4年)の実刑判決を言い渡した。・・・・・・
東京地裁 判 決懲役2年6ヶ月

 
 一流企業が巨額の粉飾を行い、テレビ会社が視聴率のために捏造情報を流し、裏金作りを内部告発をした元検事に懲役判決を下す世の中ですから驚く判決ではないですね。
 
 この裁判で岡山県出身の鳥人こと浮田幸吉さんを思い出しました、世界で始めて空を飛びながら世間を騒がせたと裁きを受け国を負われることになりました。
 
 新興企業の株の価値は、教科書通りの決算書が書けるこてではなく、どんな夢が描けるかに有ると、僕は思います。東証マザーズの株は若者が描いた夢を実現するために夢を買う気持ちが無ければ日本の将来は明るいものにはならないと思います。

日本の若者から宇宙に乗り出す夢を聞きたいです、一株買いますよ200円で 
| 住みよい社会 | 09:28 | comments(2) | trackbacks(8) |
富山・冤罪の男性 取り調べ詳述
朝日新聞3月五日31面

「はい」「うん」以外言うな

富山・冤罪の男性 取り調べ詳述

 強姦と強姦未遂事件で逮捕され実刑判決を受けた富山県内の男性(39)が約2年1ヵ月の服役後に冤罪とわかった問題で、男性が朝日新聞の取材に応じた。逮捕直後の自供を覆し容疑を否認したが、県警の取調官から「なんでそんなことを言うんだ」と怒鳴られ、「今後発言を覆さない」旨の念書を書かされたという。公判で認め続けたことは、「何を言っても通用しないと思い込まされてしまった」と悔しさをにじませた。

否認後に「バカヤロー」
「前後翻すな」念書強要

・・・・・前略・・・・・・
判決を言い渡され
「申し訳ございませんでした」と言ったが、「やってもいないのに、何でこんなことを」と悔しくて涙が出たという。
・・・・・・中略・・・・・・・
 県警や富山地検は、当時の捜査関係者を処分しない方針を示している。
 男性は「処分しないと聞いた時は腹が立った。処分がないというのは、『間違った取り調べをしていない』と僕に対して言っているのと同じ」と話した。


 正しい取調べをして冤罪が起きたのなら、今までの取り調べ自体を改善する必要があるだろうし、謝った取り調べをして冤罪を生んだのなら今後過ちの起こらないように処罰も必要ですよね。
| 住みよい社会 | 10:36 | comments(0) | trackbacks(83) |
不正決算問題
朝日新聞2月28日1面

三洋、決算4期分を訂正

01〜04年 損失処理後回し

 不正決算問題で揺れる三洋電機は27日、01年3月期〜04年3月期における子会社と関係会社の株式の損金処理を見直し、計4期分の単体決算を訂正すると発表した。訂正額は未定だが、早ければ3月にも金融庁と証券取引等監視委員会に対し、報告する。三洋は「監視委から問題を指摘されたことを受けて自主訂正することにした」と説明するが、過去の損失処理を必要な額より少なくしていたことと、投資家に正確でない情報開示をしていたことを自ら認めた格好だ。(都留悦史、志村亮)=11面に関連記事



2月28日

三洋損失隠し組織的

決算修正4期に 黒字確保を優先
前略・・・・・三洋も、長い期間、投資家に正しくない情報を開示し続けたという事実は消えない。

 粉飾決算と言うとライブドアを思い出します。
 規模的にライブドアよりも社会的影響が大きいく新聞記者の質問であっさりと問題が白日にさらけ出される事件をほっておいて世直しの為に堀江貴文を裁くというのは僕は素直に納得できません。

これは、ライブドア事件で僕の頭によぎった僕の妄想ですが。
自分のこれから行くであろう職場や先輩に
気に入られる為に
どうせ、すねにキズの無い人間はいないと適当な罪状で
ヒックっクて締め上げたのがライブドア事件の真相でる。

妄想を笑えない現実の事件が起こっていることが恐ろしいですね。
| 住みよい社会 | 13:44 | comments(0) | trackbacks(29) |
12被告全員に無罪
朝日新聞2月24日1面

鹿児島・公選挙法違反

12被告全員に無罪

地裁 捜査の違法性指摘

 03年4月の鹿児島県議会選をめぐる選挙違反事件の判決が23日、鹿児島地裁であり、谷敏行裁判長は公職選挙法違反(買収・被買収)の罪に問われた鹿児島県志布市の元県議・中山信一被告(61)ら12人の被告全員に対し、「いずれも犯罪の証明がない」として無罪(求刑懲役1年10ヶ月〜6ヶ月、10被告に追徴金26万〜6万円)を言い渡した。谷裁判官は、2回の買収会合に出席していないとする中山被告のアリバイを認めたうえで、「買収会合の事実は存在しなかった」と判断。6人(起訴後死亡した1人は控訴棄却)の自白調書は「強圧的な取調べがあったことをうかがわせ、信用できない」とするなど、、検察側の主張をことごとく退けた。
=2面に「時時刻刻」、33面に判決理由の要旨、35面に関係記事


35面

「人生壊され悔しい」

鹿児島・12人全員無罪
苦闘の4年「長かった」
判決、捜査を厳しく断罪

前略・・・・・・
12被告のひとり、鹿児島県志布市の懐俊裕さん(58)は深くおじぎをし。・・・・・
「闘ってきてよかった。長かった。支えてくれた家族に感謝したい」
 4年の苦闘の日々が頭を駆け巡った。
 始まりは突然だった。
03年4月17日朝。港でコンテナの積み込み作業をしていた。妻の智津子さん(53)がやってきた。「刑事さんが来て欲しいと言っている。」
 「すぐ帰る」と言い残して志布志署へ。取調室に入ると、刑事は「中山(信一)県議から焼酎もたっただろう」と言ってきた。中山県議(当時)とは面識がなかった。否定したが、聞き入れてもれえなかった。取調べは連日、早朝から深夜まで続いた。
 同20日昼過ぎ、自宅近くの川に出かけた。気がつくと、3メートルほどの滝つぼに身を投げていた。いくら違うと言ってもわかってもらえず、絶望から自殺を図ったのだ。
 「逮捕されたら新聞やテレビに名前が出る。調べが続くなら、死んだ方がましだ」。居合わせた男に引き上げれた河原の岩の上で仰向けになりながら、嗚咽をこらえた。
 同5月13日に逮捕され、拘留は約3ヵ月に及んだ。「みんな認めている」と迫られ、うその自白をした。6月25日に逮捕さてた智津子さんも5ヶ月拘留された。
 8月に釈放された。自宅に戻って「心配かけてごめん」と謝ると、当時高校3年だった次女(21)は泣きじゃくった。
 仕事はすでになくなっていた。ハローワークに通ったが、職は見つからなっかた。生活は80歳を超える父の月4万円の年金が頼り。飼っていた7頭の牛のうち5頭を売り生活の足しにした。
 知人や友人はよそよそしくなった。「頑張らんといかんよ」と信じてくれる両親やきょうだいだけが支えだった。
 保釈からまもなく、次女が「こっちにいるのはいや」と言い出し、バスガイドを夢見て、鹿児島市内のバス会社の就職を希望していたはずだった。結局、次女は東京で就職した。
 懐さんは現在、公園の清掃などする。智津子さんも逮捕前に勤めていた職を失い、ホテルで清掃の仕事に就く。逮捕前に約30万円あった夫婦の月収は約半分になった。
「今も聴取官が夢に出てくる」と懐さん。「人生を壊された悔しさは言葉にならない。警察には家族に土下座して謝ってほしい」


2面「時時刻刻」

公選法違反 12人全員無罪

「自白」優先 捜査暴走

供述引き出せず「演出」

裏付け不足報告取り繕う


検察幹部の一人は
「筋悪の事件は後になってみないとわからないもの。捜査が動いている時の間問題発見は検事といえども意外に難しい」と話す。しかも、いったん起訴したとなると・・・。
「組織なんだから。いったん手続きに乗ったら、主張をかえたり、引き下がったりは絶対に出来ない」

署長は今年度に退職する。ホテルの送別会の席で同僚100人を前に言った。
志布志の件は、私ひとりの責任だ」
警察庁の漆間巌長官は適正な捜査をどう担保するかを
「どう対処するべきか考えていかないといけないが、全国の警察で鹿児島県警と同じことが行なわれているとは思わない」

定年退職する鹿児島県警の署長さんが罪を引き受けても問題の改善は出来ないと思います。
組織として改善の手続きに乗せて主張をかえず、引き下がらず絶対に問題の起きない操作方法の改善をしてもらいたいですね

| 住みよい社会 | 10:23 | comments(6) | trackbacks(8) |
NHK受信料
朝日新聞2月21日1面

NHK受信料

義務化賛否二分

本社世論調査 料金「高い」65%

 朝日新聞社が実施した全国世論調査(17,18日電話)によると、NHKの受信料をめぐり、政府がめざしている支払い義務化について、賛成が47%、反対が44%となった。若い世代ほど反対が多く、年代が上がると賛成がふえるのが特徴だ。現在のNHKの受信料を「高い」とみる人は65%にのぼり、「適正だ」27%「安い」1%を大きく上回った。=3面に関連記事

3面
「理由」浸透を
服部孝章・立教大教授(マスメディア論)
・・・・・前略・・・・・・
今の放送法改正論は「公共放送はどうあるべきか」「受信料とは何か」という基本論が欠けており、集め方や料金の話になっているのは問題だ。

衛星放送が受信料を払った個別の家だけが視聴できる技術に驚かされてもう10年ですからねNHKさんも受信料払わなかったら見せないぞといえるような、皆が争ってみたがる放送をしてはどうですかね〜
| 住みよい社会 | 09:59 | comments(0) | trackbacks(6) |
ガス器具CO中毒死など
朝日新聞2月20日1面

ガス器具CO中毒死など

業界集計199人国414人 20年間で

パロマ工業リンナイの湯沸かし器による一酸化炭素(CO)中毒事故が相次いだ問題を受け、業界団体「日本ガス石油機器工業会」は19日、メーカー側が集計した86年以降の約20年間の重大製品事故について集計し、公表した。CO中毒による死亡事故は129件199人で、経済産業省がほぼ同時期について把握している死者数の半数に満たない。国の報告を義務づけれるているガス事業者に対して、法的義務の無いメーカー側が事故情報を収集する態度が十分でなかったことを改めて見せ付けられた。
=2面に「時時刻刻」
 重大製品事故の一覧は同工業会のホームページ
(http://www.jgka.or.jp)で確認できる


ん〜僕の目線では〜メーカーでは事故の報告をしてもらって始めて気がつくわけで、
事故情報の収集能力があり情報を集めることの出来た経済産業省のお役人さんが一般使用者の目線で安全対策の指導が出来なかったことが悔やまれます。

大切な家族を失った遺族の方々の無念を感じる行政をして欲しいです。
| 住みよい社会 | 22:00 | comments(2) | trackbacks(2) |
病気腎移植を原則禁止
朝日新聞2月19日1面

病気腎移植を原則禁止

ネフローゼとがんは「絶対」5学会が方針

宇和島徳州会病院(愛媛県宇和島市)の万波誠・泌尿器科部長(66)らによる「病気腎」移植について日本移植学会など関係5学会は、「原則禁止」の方針を打ち出すことに決めた。がんとネフローゼ症候群の患者からの移植は、免疫抑制下で「再発」の危険性が高まるなどとして「絶対禁止」とし、それ以外についても例外的なケースを除いて禁止する方向で合意した。3月末の合同会議で、指針としての公表も検討する。個別症例ごとの検証結果は、同病院などに設けられた調査委員会と厚生労働省の調査班が、この方針に沿ってまとめる。(和田公一、藤井匠)
 
万波流「患者のために」否定

29面

病気腎移植
病院側は結論先送り
万波氏擁護の動きも活発

学会側の否定方針について、万波医師の弟の廉輔医師(61)は「私たちは人工透析に苦しみ、移植を待ち続ける患者のために、廃棄される腎臓を活用する「第三の道」を提起した。その試みを否定するなら、それに代わる道を示すべきだ」と批判した。

明日はわが身の諺がありますよね、何時病に犯されるか解りません、今までに多くの患者を現実に救った万波先生の医療行為を裁くのではなく、問題があれば、何処を直せばよいかを検討して
病に冒された人をいかに救うかを考えてよい制度を確立して欲しいです。
| 住みよい社会 | 10:51 | comments(0) | trackbacks(9) |
バイオ燃料煙る構想
朝日新聞2月18日3面

バイオ燃料煙る構想
エタノール混合方式巡り国・石油業界対立

実証事業、協力なく頓挫

 地球温暖化対策の一つとして進められている、バイオエタノールの実証事業で、頓挫するケースが出てきた。自動車用燃料にするためにエタノールとガソリンとを混ぜる方式をめぐって対立がうまれ、石油業界の方針と異なる方式だと、ガソリン調達が難しいためだ。バイオ燃料の大量導入をにらみ、業界と環境省などが主導権を争う構図にもなっている。(竹原大祐、須藤大輔)

バイオエタノール混合の方法には
・バイオエタノール(穀物や植物から作ったアルコール)を直接混ぜる方法       
E3
・バイオエタノールをイソブテン(石油精製の副産物)と混合して混ぜる方法
 ETBEの二種類あるそうです。

大手18社で構成する石油連盟は昨年1月、直接混合でなく、ETBEの方法の採用を決定したそうで大手メーカー系スタンドの経営者は「直接混合はメーカーが許さない。メーカーの看板を揚げている以上、業界の流れには逆らえない」と打ち明ける。

コスト「3500億円」業界難色
E3は3500億円の初期投資がかかりETBEに比べて大幅にかさむと試算する。

お金がかかることと、品質に責任が持てないことがE3に協力できない理由だそうです。
でも業界のETBE方式だけだと21万キロリットルしか販売できなくて、京都議定書の目標値50万キロリットルには遠く及ばない・・・!!
業界の社会的な使命と責任を考えて行動に移してもらいたいと思います?
| 住みよい社会 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(1) |
偽の出生届が”合法”に
朝日新聞2月17日34面

民法「離婚300日以内は前夫の子」規定

偽の出生届が”合法”に控訴棄却

 交際中の男性との間にできた男児を、離婚した前夫の子どもとしたうその出生届を提出したとし、中国人女性(28)が大阪地検から公正証書原本不実記載・同行使の罪で起訴された。しかし、男児が民法772条の規定で前夫の子と推定される「離婚から300日以内」に生まれていたため、違法な届け出ではなかったことが公判開始後に判明。大阪地検は16日、女性の行為は罪にならないと判断し、大阪地裁に控訴取り消しを申し立て、同地裁は即日、公訴棄却を決定した。・・・・中略・・・・・

 記者会見した清水次席検事は「検察官は虚偽の申し出として罪に問えると判断したが、民法772条に対する認識が不十分だった。申し訳なく思っている」と釈明。
刑事部副部長が別の窃盗などの罪で服役中の女性に直接謝罪したという。


お粗末お話ですね〜大丈夫か大阪地検は??・・・・

 公訴する前に前夫との離婚から300日以内に生まれたかどうかの基本的な確認もなしに人を裁こうとしたのかい??
これでは、アリバイのある人間を懲役にしても不思議は無いですね
| 住みよい社会 | 09:52 | comments(0) | trackbacks(145) |
自白迫る密室
朝日新聞2月14日21面

ニッポン ・脈・記

 その日の朝、鹿児島県志布志市でホテルを経営する川畑幸男(61)は、いきなり警察に呼び出された。03年4月、県議選の投票の翌日だ。取調室でパイプいすに座らされた。
 投票を依頼いしてビールを配っただろう。警部補は決めつけた。川畑がいくら「やっていない」といっても聞いてくれない。夜おそくまで聴取は続き、翌日も。
 3日目、警部補は、A4判の紙に何やら書きはじめた。
「じいちゃん、早く正直なじいちゃんになってください」
 その下に孫の名前。ほかの2枚にも、家族が諭すようなことばを書き付けた。その3枚を川畑の足元の床に並べた。足首をつかんで、有無をいわせず、踏みつけさせた。


弁護士中原海雄(64)は川畑の訴えを聞いて、うなった。「むちゃくちゃだ。まるでキリシタン弾圧の踏み絵だ。」・・・・中略・・・・・
記者会見で中原は、川畑が強いられたことを「踏み字」と呼んだ。「背景には、密室で取調官が手練手管をろうして、自白を強要している捜査方法の構造的は問題がある」


自白迫る密室 ビデオに

英国は80年代から取り調べに録音を導入している。英捜査官は「不当な取調べと責められなくなった。証拠との矛盾を丁寧につく尋問術も上がった。録音したって自白する人は自白する」と説明・・・・・

よいところは、見習って法律の素人の市民が事件の裁きに加わる裁判員制度を世界に誇れる制度にしてもらいたいですね。
| 住みよい社会 | 13:28 | comments(2) | trackbacks(6) |